あおえ動物病院

2014年3月28日に、岡山県岡山市北区青江に新規開院した動物病院のブログです。

03月« 2018年04月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»05月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … ペットの誤飲に要注意BLOGTOP » 動物病院ができてから » TITLE … ペットの誤飲に要注意

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットの誤飲に要注意

今日は、ヒト用の軟膏を誤飲してしまったわんちゃんを診させて頂きました。



犬の異物誤飲は救急疾患としては一番多いです。



猫も異物誤飲することはありますが、圧倒的に犬、特に2歳未満の若いコに多いです。



チョコレート、タマネギなどの中毒性のあるものや、梅干し、桃の種、トウモロコシの芯、スーパーボール、ヒモ、タオル、ビニールなど、消化されないものなど。。。



誤飲して2時間以内であれば、胃に残っていることが多いので、催吐処置を行います。



ただ、石油製品や強酸性、強アルカリ性製品は、吐かせると逆によくないので、万が一何かを誤飲してしまった場合はすぐに病院にご相談下さい。



あと、誤飲に関しては、ほとんどが気をつけていれば防げます。



ひどいときは、腸につまって、腸閉塞、腹膜炎を起こし、手術が必要になったり、命にかかわる状況になりますので、普段の生活から気をつけてあげてくださいね。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

NO TITLE

お世話になりました ありがとうございます
処置が早かったので おうちに戻っても 吐くこともなく 元気にしてたようです

我が家の さくらも 3か月ぐらいのとき たまたま 落ちた 押しピンを 口に入れてしまい
冷や汗がでたことあります
それ以来 カレンダーを貼るときに 押しピンを使うのは やめました
ほんと 油断ならないなと思います

NO TITLE

ポッケ&さくらママ様

コメントありがとうございます。
そしてまたまたご紹介頂き、本当にありがとうございます。
さくらちゃんもそんなことがあったのですね・・・
大事に至らなくて何よりでした。
異物誤飲は若いコは本当に多いので、気をつけていきたいですね。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。