あおえ動物病院

2014年3月28日に、岡山県岡山市北区青江に新規開院した動物病院のブログです。

05月« 2018年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 猫の疥癬(カイセン)についてBLOGTOP » 動物病院ができてから » TITLE … 猫の疥癬(カイセン)について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の疥癬(カイセン)について

今日は、ノラ猫を保護されて飼われている飼い主さんが来院されました。



皮膚病があまりにひどく、とてもかゆがっているので、なんとか治してあげたいと、切実な思いを打ち明けられました。



猫ちゃんを診せていただくと、全身皮膚炎がきつく、特に頭部と後肢が脱毛、フケ、皮膚の肥厚がきつい状態でした。



IMG_0763.jpg



IMG_0767.jpg




特にひどい顔面部の皮膚を一部掻爬し、顕微鏡で調べてみると、たくさんの疥癬(カイセン)を認めました。



IMG_0768_mini.jpg

中央の丸い物が疥癬(カイセン)です。




IMG_0769_mini.jpg

10秒後に撮影。静止画ではわかりづらいですが、生きており、動き回っています。





疥癬(カイセン)はダニの一種で、顕微鏡でやっと見えるような非常に小さなダニです。



そのダニが、皮膚を食いちぎって、トンネルを掘りながら生活するため、猫に強い痒みを与えます。



伝染力が強く、感染しているノラ猫との接触などで、感染が広がります。



今日の猫ちゃんもだいぶ前から感染していて、痒みのあまり、頭を後ろ足で掻いているうちに、後ろ足にもダニが広がってしまったのではないかと考えられます。



慢性化しているので、治療には時間がかかりますが、ダニを駆虫する薬をしっかり使えば、痒みはなくなります。



飼い主さんも、長らく苦しめられていた猫ちゃんの原因と治療法がわかって、ほっと安心されたご様子でした。



疥癬(カイセン)は猫の頭部、耳の皮膚炎の原因として多い病気ですので、怪しい症状があれば、早めに病院で診てもらってくださいね。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。