FC2ブログ

あおえ動物病院

2014年3月28日に、岡山県岡山市北区青江に新規開院した動物病院のブログです。

07月« 2018年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 猫の膀胱炎についてBLOGTOP » 動物病院ができてから » TITLE … 猫の膀胱炎について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の膀胱炎について

猫は非常に膀胱炎になりやすい動物です。



当院でも膀胱炎を疑う猫ちゃんが多く来院されています。



症状は

・トイレの回数が増える
・おしっこをしようとしてもなかなか出ない
・いつもと違う場所でおしっこをする
・おしっこの時、痛がる
・おしっこが赤い、血が混じっている
・陰部をしきりになめる

などがあります。



原因の6割は、特発性膀胱炎といって、ストレスなどが引き金となり、濃い尿の刺激によって炎症が起こると考えられています。



そのような場合は、ストレスをかけないような生活や、水分多めに与えるなどで、症状が治まることが多いです。



ただ、それで治らない場合は別の原因を疑います。



その次の原因として多いのが、尿路結石症です。



膀胱の中に石があることで、膀胱粘膜を損傷し、膀胱炎を引き起こしてしまうのです。



ある程度の大きさの石があれば、エコーやレントゲン検査でわかるのですが、砂のような状態の場合はわからないことが多いです。



そういった場合は、尿検査で尿を直接みることで、結晶があるかどうかを調べます。



ただ、膀胱炎を起こしている猫は、頻尿で膀胱内に尿がたまっていることがほとんどないので、尿検査自体を行うことが難しいです。



そういった場合は、石を溶かす処方食があるので、それを食べてもらいながら、改善するかどうかを見ていきます。



ただ、猫ちゃんはその性質上、犬よりも処方食の変更が難しいことが多いので、いつも心苦しい思いをしつつも、飼い主さんに提案しています。。。



しかも、その処方食を食べている間は、間食は何もできない、したら処方食を食べている意味がなくなってしまうので・・・



何か他にいい方法はないかなあといつも考えている次第です。。。



今後結石を溶かすいい薬が出てくるといいですね。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。