FC2ブログ

あおえ動物病院

2014年3月28日に、岡山県岡山市北区青江に新規開院した動物病院のブログです。

03月« 2021年04月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»05月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 犬の皮下隠睾について 2BLOGTOP » 動物病院ができてから » TITLE … 犬の皮下隠睾について 2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の皮下隠睾について 2

一昨日、昨日と、重症の猫ちゃんを入院治療させて頂いていたり、手術を多くさせていただいたりして、全くブログを書く余力がない状態でした。。。



さすが「師走」と呼ばれるだけのことはありますね。



また気を取り直して頑張りたいと思います。



さて、今日は、6か月齢のポメラニアンのコを去勢手術をさせて頂いたのですが、術前の触診にて、睾丸が1つしか降りていないことが判明しました。



診察台の上で詳しく鼠径部を触診したのですが、睾丸は分からず、もしかしたらお腹の中にあるのかも。。。と麻酔をかけた後、もう一度念入りに鼠径部を触診したところ、右側に隠れていた睾丸を発見しました。



術前。



IMG_1647.jpg



術後。



IMG_1651.jpg



摘出した睾丸(精巣)。



IMG_1652.jpg



鼠径部は脂肪が多い部分なので、睾丸が脂肪に覆われており、触診しても分からないことがたまにあります。



お腹の中にあるのと、鼠径部にあるのとでは、取り出す時の手術侵襲が全然違うので、鼠径部の睾丸の見落としがないように、いつも細心の注意を払っています。



今回も鼠径部の皮下陰睾でしたので、日帰りで退院することができました。



IMG_1658.jpg



お疲れ様でした。
スポンサーサイト



*** COMMENT ***

NO TITLE

お忙しいのは なによりですね

ブログを 拝見するのが日課になってます
初めて 更新がなかったときは 先生の体調が悪いのかと すごく 心配しましたが
今は 逆に お忙しいんだなと嬉しく思ってます

ブログは時間があるときだけの 更新でいいと思いますよ(*^▽^*)

ポメちゃん かわいいですね♪
アイフルの くーちゃん 思いだしてしまいました 犬種は違いますが・・・
将来の病気を回避できて ほんとに よかったです

NO TITLE

ポッケ&さくらママ様

コメントありがとうございます。
体調はすこぶる良いのですが、今はやることが多く、ブログの更新が後回しになってしまっている状態ですね。
自分のキャパの小ささを実感しております。。。
逆にまた毎日更新しだしたら、「暇なんだな・・・」と心の中でそっと思っておいて下さい(笑)

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。