FC2ブログ

あおえ動物病院

2014年3月28日に、岡山県岡山市北区青江に新規開院した動物病院のブログです。

03月« 2021年04月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»05月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … ASA分類BLOGTOP » 動物病院ができてから » TITLE … ASA分類

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ASA分類

昨日の記事に関連して、麻酔のリスクのお話です。



よく飼い主様に、「このコの麻酔は、どれくらい危険ですか?」と質問されることがあります。



そんなときは、自分のこれまでの経験と、客観的なデータとして、アメリカ麻酔学会(American Society of Anesthesiologists:ASA)の分類に従って、身体状態(Physical status)をクラス分けし、クラスごとの麻酔の危険性を考慮し、リスクについてお話しています。



そのASA分類は、クラス1からクラス5までの5段階に分類することができます。



クラス1:全く健康な動物

クラス2:軽度ないし中程度の全身症状を示す動物

クラス3:中程度ないし重度の全身症状を示す動物

クラス4:死に至るほど重篤な全身症状を示す動物

クラス5:手術に関わらず24時間生存が期待できない瀕死の動物



例を挙げると、若くて特に健康状態に問題のないコはクラス1、基礎疾患はないが、高齢、肥満のコはクラス2、初期の慢性心疾患、発熱、脱水、軽度の肺炎など患っているコはクラス3、尿毒症や交通事故などによる膀胱破裂、脾臓破裂、横隔膜ヘルニアなど患っているコはクラス4、極度のショック状態、末期の腫瘍、長時間の胃捻転などはクラス5に分類することができます。



そして、それぞれの死亡率は、少し古いデータですが、クラス1で0.5%、クラス2で0.8%、クラス3で1%、クラス4で18%と言われています。



実際はもう少しリスクは低いと思いますが、リスクが0.1%違うだけで、体感的には大きく違います。



0.1%でもリスクを下げられるように、そのコそのコに合った麻酔薬の選択、量の調節を行えるよう、いつも頭を悩ませております。
スポンサーサイト



*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。