FC2ブログ

あおえ動物病院

2014年3月28日に、岡山県岡山市北区青江に新規開院した動物病院のブログです。

03月« 2021年04月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»05月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 猫の発情期についてBLOGTOP » 動物病院ができてから » TITLE … 猫の発情期について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の発情期について

たまにノラちゃんの避妊手術をさせていただいているのですが、この時期は妊娠してしまっているコが多いです。



それもそのはずで、猫ちゃんは季節繁殖動物と呼ばれ、外の自然環境下では、発情期は2−4月の間と、6−8月の間にピークがあります。



ここで、「外の自然環境下」 と書いたのは理由があり、室内で飼われている猫ちゃんは季節繁殖は明確ではなくなります。



2−3週間の間隔で発情を2−3回繰り返し、これが1−2ヶ月間隔で繰り返されます。



なぜ外と内にいる猫ちゃんでこんな違いが出るのでしょうか?



理由の1つとして、光の当たる時間で発情時期が決まると言われています。



1日の日照時間が13時間程度になると、その45日後に発情が誘発されると言われます。



光と発情が連動する理由は、光をとらえる網膜、メラトニンと呼ばれるホルモン、脳の視床下部などが複雑に作用し合っているからです。



光は太陽光でも人工灯でも同等で、数週間、日照時間を約9時間に制限した後、人為的に14時間にまで延長すると、たとえ時期が冬でも発情が訪れるようです。



光の当たる時間の違いで発情時期が変わるなんて、不思議なメカニズムですね。
スポンサーサイト



*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。