FC2ブログ

あおえ動物病院

2014年3月28日に、岡山県岡山市北区青江に新規開院した動物病院のブログです。

03月« 2021年04月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»05月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 犬の心臓病について2BLOGTOP » 動物病院ができてから » TITLE … 犬の心臓病について2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の心臓病について2

前回の続きです。



前回は、犬に多い心臓病の1つである「僧帽弁閉鎖不全症」が進行すると、肺水腫になる理由を書きました。



今回は治療についてです。



普通に考えれば、僧帽弁がダメになっているので、弁を直せばいいということになります。



弁を直すには、弁形成や、人工弁置換など、外科手術ということになります。



ただ、獣医療では、手術を行っている施設が圧倒的に少ないのと、治療費が高額になるなどの事情で、今の所、内科治療がスタンダードな治療法になります。



内科治療は、投薬によって心臓病の悪化を遅らせ、肺水腫になるのを食い止める治療です。



当然のことですが、薬で弁を治すことはできません。



薬で抑えるのは、弁がダメになることによって起きる、心臓の二次的な変化です。



前回の話で、



①僧帽弁がダメになる

②肺への血液の逆流量が増え、全身に送る量が減る

③全身へ送る量を戻そうと心臓が頑張る

④心肥大が起き、ポンプの力が強くなるので、さらに逆流量が増える

②に戻る




という悪循環を繰り返す話をしました。



それを薬を使って、この悪循環を断ち切ることが、内科治療になります。



具体的には、初期の僧帽弁閉鎖不全症の治療は、心肥大にならないように、心臓に頑張らせないようにすることが目標です。



そのために、一番最初に使う薬は「ACE阻害薬」になります。



ACE阻害薬は、簡単に言えば、血管拡張薬になります。



血管を広げ、全体の血圧が下がると、より少ない力で全身へ血液を送ることができるようになるため、心臓がそれほど頑張らなくても済みます。



なので、心臓の悪化を遅らせることができます。



この時に、補助的に「硝酸薬」という別の血管拡張薬や、心拍数を抑えるために「β遮断薬」を併用したりすることもあります。



ただ、あくまで遅らせるだけなので、最終的には、心肥大による咳の悪化、やがては肺水腫を起こしてしまいます。



ACE阻害薬で抑えられなくなってくると、より強い薬が必要になってきます。



その時に使うのが、「強心薬」「利尿剤」になります。



また長くなってしまったので続きます。。。
スポンサーサイト



*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。