FC2ブログ

あおえ動物病院

2014年3月28日に、岡山県岡山市北区青江に新規開院した動物病院のブログです。

11月« 2018年12月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»01月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 犬の去勢手術と乳歯遺残BLOGTOP » 動物病院ができてから » TITLE … 犬の去勢手術と乳歯遺残

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の去勢手術と乳歯遺残

今日は1歳7ヶ月のトイプードルの去勢手術をさせて頂きました。



そして、乳歯も残っているとのことでしたので、ついでに乳歯の抜歯も行うことになりました。



まずは、去勢手術から。。。



IMG_0937.jpg




術後の傷口はこんな感じです。



IMG_0952.jpg




猫の去勢手術と同じように、抜糸のいらない吸収糸で縫っております。



猫と違うのは、写真ではわかりづらいですが、陰嚢(玉の袋)の少し上の皮膚を切っていることです。



犬の陰嚢の皮膚はデリケートで、直接陰嚢を切ると術後腫れ上がること(陰嚢水腫)があるので、あえて避けております。



そして、陰嚢の皮膚は傷つきやすいので、実は手術よりも毛刈りの方が神経使っていたりします。



さらに乳歯の抜歯も行いました。



術前。



IMG_0939.jpg



左の上の犬歯の乳歯が残っています。



IMG_0943.jpg



そして上の切歯も乳歯が残っていたので、一緒に抜かせて頂きました。



術後。



IMG_0950.jpg



とてもキレイになりました。



トイプードルのような小型犬は、大人になっても乳歯が残ってしまうことが多いです。



乳歯が残っていると、食べかすが詰まりやすく、歯周病の原因になりやすいので、去勢避妊の手術のついでに抜歯しておくことをオススメします。


スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。